小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > お葬式を安く済ませるための準備とは?

お葬式を安く済ませるための準備とは?

 お葬式を挙げる際、その費用をいかに安くするかにこだわる人が増えて来ています。かつては葬儀は黒字になるとまで言われた時代があったようですが、それは参列してくださる人の数が今よりもずっと多かったり、人数が少なめであっても香典の額が大きかったりするのが理由です。
 しかし現代では参列をお願い出来る人が少なかったり収入の低さから充分な香典を包めなかったりと主催側、参列者ともに手痛い出費となる事が増えました。それならば出来るだけ質素に、そして出来るだけ安い費用でと思うのは自然な事かもしれません。


 お葬式に掛かる費用を出来るだけ安くするにはどうすれば良いのでしょうか。
まずは一般的に葬儀に携わっている業者、つまりは葬儀社を選ぶ必要があります。いくつか候補を絞っておくのが良いでしょう。実際に誰かが亡くなってからでは遅いので、喪主になる可能性が高い方もしくはその方に近しい方が健康であり時間もあるうちに葬儀社へ費用の相談をしましょう。葬儀社へ葬儀費用を安くしたい旨を伝えた上で相談すれば最低限必要な準備とおおよその費用を教えてくれます。いくつかの葬儀社へ相談して見積もりを出してもらい、それらを比較して決定するのが良いでしょう。
 先祖代々のお墓を有している場合、宗派や檀家となっているお寺によって費用に差が出ます。見積もりを依頼する時はそれらの点も忘れずに伝えましょう。親族が健康なうちに葬儀の準備をするなんて罰当たりだとか縁起が悪いだとか言われてしまう事もありますが、実際に誰かが亡くなってからでは時間は多く取れません。葬儀の内容にしても誰かが亡くなった当日もしくは翌日に打ち合わせをする事が多く、次から次へと決める事が山積みで悲しみに暮れる暇さえありません。
 人間は誰しも必ず亡くなる日が来ます。その日がいつ来ても良いように日頃から準備をしておく事は罰当たりでもなければ縁起が悪い事でも何でもありません。むしろ葬儀の打ち合わせがスムーズにいけばいくほど自由に使える時間が増えますので気持ち的にも余裕を持つ事が出来ます。


 きたるべきお葬式の日に備え、日頃から積み立てをしておくと便利です。積み立てにばかり気を取られ日々の生活を圧迫しては意味がないので、無理のない積み立てコースを選ぶのが大切です。積み立てを利用せず自分自身で銀行口座へ貯金するという方法もあります。貯金をする方法であれば万がいち他の出費で入り用となった時も活用できます。
 もし金銭の用意が間に合わなかった場合、葬儀社の方で分割支払いに応じてくれる事もあります。葬儀社を利用すれば担当の方が付きますので打ち合わせ中にでも気軽に相談してみましょう。

カテゴリー