小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 故人との最期のお別れをするお葬式

故人との最期のお別れをするお葬式

 若い人にはあまりピンと来ないかも知れませんが、人間には必ず死が訪れます。
それはもう確実にです。
長い闘病の末の最期だったり、大往生だったり、突然不幸に見舞われたり、人間の最期は本当に人それぞれです。
でも、やっぱりこの世に最期にお別れする時は、生前親交のあった、大切な仲間や、仲の良かったお友達、そして何より自分を支えてくれた家族に見守られながらお葬式を上げて欲しいと願っているでしょう。
お葬式には多かれ少なかれ、多少お金がかかります。
残された家族や友人に迷惑を掛けない様にと、死期を待つご老人や、家族を持たない独身の方などは、お葬式代位はきちんと貯蓄しておかなければと考えている人も多い様です。
遺言書などに葬儀の希望などを書いておく人もいる様です。
人生の塵際位はきちんとしておきたいと感じている人が多くて、驚かされます。



 地域差によって風習などが違う葬式

葬式に参列をした際、あまりにも儀式が違いすぎて驚くことがあるかもしれません。
自分が住んでいる地域とは全く違う風習で執り行うこともあります。
宗教的な意味合いが強いとしても、地域との繋がりも大事にしなければいけないので、郷に入っては郷に従えという感じで考えておくとよいでしょう。
ただし、失礼のないようにしなければいけません。
一般的に言われているのが、通夜振る舞いの違いです。
西日本では遺族のみで行い、東日本では参列者は全員参加をしなければいけないことになっています。
東日本の場合、一口でも箸をつけるのが礼儀となっているので、間違えないようにしなければいけません。
他にも独特の習慣が残っている地域もあるので、参列をするエリアが自分が生まれ育った地域とは離れている場合には、事前に確認をしておくとよいでしょう。



 葬式と一緒にお別れ会を開催する方法

家族葬などの形でお葬式を行った場合には、後日にお別れ会を開催するケースが存在しています。
葬儀社の中には、お葬式のプランと共に、お別れ会までサポートする業者があります。
お別れ会の場合、会場や形式などにも選択肢が出てくるので、ニーズに適した葬儀社を選択していくことが重要となっています。
場合によっては、プランを選択する際に、オプションとしてお別れ会が利用できる葬儀社を選択する方法も利用することができます。
サービスに対応している葬儀社であれば、お葬式の相談を行った際に、お別れ会をしたい旨を申し出るだけで、企画を出してくれます。
早めにお別れ会の対応が決まっていれば、家族葬などを実施した際の知り合いへの連絡も滞りなく行えます。
このように、葬儀社をうまく利用すれば、後日のお別れ会なども安心して開催できるようになります。

次の記事へ

カテゴリー