小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 最近増えてきている小規模なお葬式

最近増えてきている小規模なお葬式

 最近はお葬式のスタイルも様変わりしていて、最後は家族やごく近しい人だけで静かに見送りたいという方が増えてきました。その一つとして家族葬や密葬、直葬と呼ばれる小規模なお葬式も需要が高まっています。
 密葬とは本来、本葬を伴うものでしたが、近年は密葬のみという形が増えてきているようです。また、経済的な面を考慮して、費用が抑えられることを理由に家族葬や密葬といったスタイルを選ぶ方も増えています。もっとシンプルな方法では火葬場で読経と火葬のみという直葬を選ぶ方もいます。


 では、一般的な葬儀との違いはどのような点でしょうか。一般的にはお通夜から葬儀式、告別式、火葬、埋葬の流れでとり行われます。お通夜と葬儀と二日かけて行う場合が一般的ですが、小規模な場合には一日で終わることもあります。
 葬儀式は宗教的な儀式です。告別式は故人と最後のお別れをするという社会的な式典です。本来は別のものですが、最近は一緒に行われることがほとんどです。一般葬の場合は、親族や故人の友人などにはお葬式の日程をご連絡します。会葬者の人数や規模も数十人から数百人と様々です。従来は、費用というと、会場費・棺・祭壇・遺影・香典返し・供花など、それぞれの項目ごとにランクも設定されて、準備の段階で遺族がどの品にするのか選定する形がとられていました。
 一方で、個別に品物を選ぶのではなく、すべてをパック料金として設定したプランが分かりやすいと評判です。葬儀社によって異なりました。それが小規模の場合は、十数万円から可能な時代になりました。最低限必要なものが含まれているため、葬儀社にまかせるだけで安心して見送ることができる点が安心です。
 ただ、中には一般的な葬儀を経験している方からは、物足りないと感じる方もいるかもしれません。


 費用の負担を考えると小規模のスタイルも確かに魅力ですが、後々後悔しないように、故人の見送り方に相応しいかどうかは身内や生前にでもじっくりと考えられたほうが良いでしょう。
 特に最近では終活という死後を考えるということをポジティブにとらえるセミナーなども充実しています。積極的に参加してみて、知識を得ておくことも良いかもしれません。
 最近は都市部を中心に、本当に親しい者だけで故人を見送りたいと望む人が多くなり、家族葬が増える傾向があるようです。やはりスタイルが変化している時代背景には少子高齢化や核家族化など様々な要因があるようです。

次の記事へ

カテゴリー