小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 葬式に参列する一般会葬者の服装

葬式に参列する一般会葬者の服装

葬式に参列する一般会葬者の服装は喪服を着るのが当たり前のようになっていますが、地味で清楚であれば平服でもマナー違反というわけではありません。
但し、生前故人にお世話になった場合は礼を尽くしてきちんとした喪服で参列します。コート、ショール、帽子などは受付に付く前に脱いで手荷物預かり所に預けます。
受付では係の人に、「このたびは誠にご愁傷様でございます」と簡潔に弔意を述べ、ふくさから香典を取り出して差し出し、会葬者名簿に住所と名前を記帳します。通夜に参列して香典を供えている場合は記帳だけします。故人と仕事上の付き合いがあって名刺を差し出した方がよい場合は記帳にかえて名刺を差し出します。
告別式の後で最後のお別れが終わると、喪主か親族代表のあいさつがあり、それから出棺します。この時は故人の冥福を祈り、棺に丁寧に頭を下げて見送ります。


少人数で行なわれる葬式が増えています

超が付くほどの高齢化社会を迎えている日本、人々の暮らしとか昔からのしきたりなどにも、大きな変化が見られるようになっています。
特に大きな問題になっているのが、独り暮らしの高齢者が増えていることです。
核家族化が進んだこともその要因と言われますが、東京一極集中と言う人口格差も、その要因と考えられます。
独り暮らしの老人が増えたことから、葬儀の形も変わって来ています。
喪主となられる人は、離れて住むことが多く、簡単に葬式を行いたいと考える人が多くなっています。
そのため身内だけで行なう家族葬と言う式を行うことが、人気になっています。
近所付き合いが少なくなり、退職してから時間が経っていることから仕事でのお付き合いがあった人とも連絡が取れないなどの理由から、酸少ない人数での式が、多くなっていることが家族葬が多くなった原因とも言われます。


葬式を執り行う際の業者選びのコツ

葬式を執り行う立場となることは、長い人生の中でもそう何度もあることではありません。
人は必ずいつかは最後の瞬間を迎えるということは確かであり、その時に向けて準備をしておくべきですが、なかなか準備をすることができずいざとなってから焦る人が大半です。葬式を執り行うためには、まずは業者選びから始めなくてはなりません。どこに依頼しても変わりはないと考えてしまいがちですが、業者によって必要となるトータル費用には必ず違いが生まれます。
後々後悔することにならないためにも、複数の業者を比較して見積もりを取ってみるようにしましょう。
見積もりを取ることで相場も知ることができるだけではなく、業者による対応の違いも知ることができます。金銭面は重要ですが、信頼できてサービス内容の充実している業者かというチェックも忘れてはいけません。

次の記事へ

カテゴリー