小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 葬式の費用をより安くするために出来る事

葬式の費用をより安くするために出来る事

 最近では葬儀はシンプルにしたい、必要最低限のお金にして、無駄を省きたいと考える方が増えています。時代の背景としても高齢化が進み、亡くなる方も高齢の場合も多く、それに伴い、送る側もどんどん高齢になることで、身体への負担を減らすという目的でも、シンプルに簡素化したいという流れがあるようです。
 一般的な昔からあるスタイルの葬式では、金額は地域によっても差がありますが、全国平均で118万9,681円というデータがあります。地域によっても価格に差が生じるのが現状のようです。そのほかにも飲食代、お心づけなどもかかってきますので実際にはこれ以上にかかります。

 
 安い費用で抑えたいという希望をする方も多く、そんな要望に応えて最近増えてきているのが家族葬や、密葬、直葬といったごく親しい方とお別れをするといった形のスタイルです。その中でも一番、お金がかからなく安い葬儀のスタイルが直葬と呼ばれる形です。通夜式・告別式は「儀式」を行うので、準備も来客対応も大変です。
 しかし、直葬式を行る場合はどちらも行わないので遺族にとって、体力的にも精神的にも最も負担が少なく安くできます。祭壇を飾らず、会葬者を招かないので、儀式で生じる金額や、会葬者への接待の費用が軽減でき最も経済的な葬儀と言えます。金銭的に事情がある方もこれならば安価で遺族の気持ちを尊重できます。
 安く済ませるということにまだ抵抗がある方もいるでしょうが、最近では需要にこたえた遺族に負担がかからないセットプランも用意されているので困ることはありません。任せるだけで滞りなく行うことが出来ます。金額は一般的には100万円を超えると言いましたが、この形であれば10万円台くらいで抑えることが可能です。かなり安くなります。また一日で済ませてしまう一日葬という形も最近は人気のあるスタイルで費用も安く抑えられます。


 葬儀に対する考え方は人それぞれですのでどのスタイルが良いかは一概にはいえませんが、最低の価格で見送る直葬なら10万円以下で、故人の友人や知人などにも連絡して一般的なお葬式をするなら、数百万円単位の金額が必要となります。残された者は判断に迷うため、先立つ人はあらかじめ書いたものを残すなど意思表示をしておくことも必要になりつつあるでしょう。
 死は突然、誰の身にもやってきます。あまり考えたくないと避けることも多い話題ですが、死を冷静に見つめることも大切なことです。
 最近ではインターネットで情報収集が簡単にできます。事前の準備は必須です。無駄なお金をかけずに簡素に、でも素敵な式をあげられるようにと事前に考えるという事もこれからの時代には必要不可欠かもしれません。

次の記事へ

カテゴリー