小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 葬式をする為の費用としてはどの程度を見込むべきか

葬式をする為の費用としてはどの程度を見込むべきか

 何かとお金がかかるのが冠婚葬祭ですが、それは葬式にもいえることになります。平均データでは200万円程度はかかっているとなっていますから、これは確かに物凄い出費になるといっても過言ではないでしょう。
故人との別れなのだから、と考えるかもしれませんが、実際に先立つものがあってこそ、というのは確かでしょう。一応は不祝儀によって少しは補えることはありますが、足が出ることのほうが多いです。
物凄く多い参列者になりますと黒字になることもありますが期待してやるようなことではないです。葬式にどのくらいお金をかけることができるのかは事前に計算しておいたほうがよいでしょう。予算内でやることはとても大事になります。葬式であろうと見栄を張ることなく、キチンと分限の範囲内でできるようにしておくことが後々のためにもなるわけです。


葬式は故人が浮かばれるようにする儀式です

 葬式は、遺族や知人などが、故人が浮かばれるようにする儀式です。一般的に、火葬から出棺までの儀式を指しますが、最近は告別式を同じ日に行うことが増えていることから、告別式を含めて葬式と呼ぶ方も多くいらっしゃいます。葬式は、故人と会える最後の機会なので、故人の想い出を振り返り、個人の業績をしっかりと讃えて、故人を浮かばれるようにしましょう。
種類も様々存在しており、遺族だけで行う家族葬、遺族と企業や団体などが合同に行う合同葬、企業が中心に行う社葬などがありますが、どれも故人が浮かばれるように行う儀式に変わりはありません。服装はブラックスーツ、礼服、黒のワンピースなどを着用し、白のワイシャツ、黒のネクタイ、黒の靴下、黒の革靴などを着用します。マナーが大切な儀式となっていますので、マナーを守って参列しましょう。


年齢を重ねることと自分のお葬式

 年齢を重ねると自分の葬式についても考えるようになるのではないでしょうか。昔は形式にそって行うことが多く、費用もだいたい決まっていました。最近は自分の希望通りに行うことが普通となり、形式通りに行うことが昔より少なくなりました。
費用についてもリーズナブルなお値段で行うことができるようになり、小さなお葬式も可能となりました。事前に登録しておくと、よりリーズナブルな費用で行うシステムを採用する会社も増えています。セミナーなどに参加すると、どのように行うのかしっかりと話を聞くことができます。将来のことを考える方は、一度参加してみるのもよいのではないでしょうか。詳しく知ることができるため、とても便利です。もう若くないと感じたら、セミナーに参加してみるのもよいかもしれません。自分がどのようにしたいのかイメージがわいてくるのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー