小規模なお葬式にも特化 ~優良葬儀社ランキング~

ホーム > コラム > 誰もが一度は経験するであろう葬式

誰もが一度は経験するであろう葬式

 人が亡くなると日本では葬式が催されます。亡くなった故人との最後の別れの場という意味合いもありますし、残される遺族側にとっても別れを引きずるのではなく、気持ちを切り替えられる場でもあります。
 葬式が催されることになると親族はもちろん、友人知人、職場の方など、多くの関係者へ開催の案内が届くことになります。基本的に冠婚葬祭は最優先で参加するのがマナーでもあります。どのような流れで開催されるのかというと、まずは上記にもあるように案内や連絡が届きます。予定に都合をつけて参加するとなると、まずは服装や持っていくものを揃える必要があります。シビアな場でもありますので、マナー違反のないようにしてください。当日は受け付けを済ませて、会場内に入ります。お坊さんのお経などがあり、その後お焼香がありますので、そこで最後の別れとなります。それが終われば終了というような流れになります。流れを把握してしっかりと参加するようにしてください。


 葬家の事情に合ったお葬式ができる

 高齢化によって増加した家族葬というお葬式のスタイルですが、さらにさまざまなメニューが登場し、消費者の選択の幅が広がっています。費用面でも最も負担の少ない直葬は遺体を自宅などで安置した後に、葬儀や告別式などを行わずに火葬を行い、火葬場で僧侶により読経を依頼することも可能です。
 また、一日葬というスタイルも増えてきています。家族葬の一種ともいえますが、通夜を行わない葬儀です。喪主や遺族などが高齢で体力的な負担をかけられない場合などに利用されることが多いです。二日かかる仏事を一日で終えるためお葬式にかかる費用全般や通夜ぶるまいにかかる費用などを軽減できます。ただし、菩提寺の意向により一日葬を認めないところもあるので、事前に了解を得ておくことが大事です。ほかにも、家族葬の一形態でリビング葬というものもあります。家族や親族を中心に小さなお葬式を行い、一般の儀礼的な会葬を遠慮することが多く、家族がゆっくりお別れできます。


 いろいろな事情によるお葬式の選び方

 お葬式の規模や形態を決める基準となるのは、予想される会葬者の人数です。故人が現役で会社関係の弔問者も多いと予想される場合には、一般葬で執り行われることがほとんどになります。斎場を選ぶときも、会葬者に不便をかけないように比較的広くて、駅から近い斎場をえらぶなどの配慮が必要です。会社関係者はよほど親しい間柄でない限り、会社帰りに通夜に弔問するのが普通です。そうなると通夜を行わない一日葬では会葬者に不親切ということになります。
 また、公私にわたり多くの知人や友人がいる現役世代の喪主がお葬式をおこなわない直葬を選ぶことはまず少ないです。家族を中心におこなう家族葬や一日葬、直葬は故人が高齢であったりして会葬者が限られる場合が多いです。また、費用をどれくらいかけられるかも規模や形態を決める上でのポイントになります。

次の記事へ

カテゴリー